• ホーム
  • 日本語ドメインはプレスリリースでピュニコード!

日本語ドメインはプレスリリースでピュニコード!

日本語メインなど2バイト文字のドメインが注目を集めるようになってきています。
従来のアルファベットだけから漢字やさまざまな記号まで対応したことでドメインの表現力が格段に上がっています。
しかし、ドメインを扱うDNSサーバでは1バイト文字しか扱えない場合も多いことからピュニコードに変換して利用されるケースもあります。
ピュニコードは2バイト文字をアルファベットに置き換える手法であり、定型化されています。
そのため、プレスリリースなどでは日本語の他にピュニコードが追記されるケースも多かったようです。

2バイトドメインについてはマーケット的に重要でもあり、日本以外でも対応が進んだことで注目が集まってきており、中古市場でも活発な取引がされています。
2バイトドメインについてはアルファベットに比べて表現力が高いことから商品やサービス用に利用されることが多く、キャンペーンと連動して一時的に取得されるケースも多いです。
そのため、極端に分かりやすい文字を並べることも多く、放棄された後に売買が活発なケースも出ています。
ただし、短期でのウェブサイトの場合は検索サイトでの評価がそれほど高くないケースもあり、ウェブサイトの評価を上げるためのアイテムとしては使い勝手が難しいとも言われています。

また、DNSサーバへの登録についてはほぼ問題がなくなってきたとはいえ、海外進出も考えているウェブサイトの場合は2バイトドメインの他にアルファベットの従来の仕様のドメインも合わせて取得するケースも多いようです。
2バイトになったことで表現力が上がっているのは確かですが、まだまだうまく使いこなしたウェブサイトが現れていないことも問題となっています。